GWは...

史上最長の大型連休が終わり、すっかり日常が戻って参りましたね〜!

10連休だった方はさぞかしこの1週間はお辛かったのでは??(^^;;


私はと言いますと、GW前半は通常営業とさせて頂き、後半に4連休を頂きました。

旦那さんは大型連休だった為、息子君も同じだけ保育園をお休みし、私が仕事の間は男同士仲良く公園行ったりイオン行ったり祖父母の家へ出掛けたりと...なかなか楽しく過ごせたようです!


お陰で子供も事あるごとにパパーパパー!と連呼してくれるのでパパルンルンでお世話してくれこちらとしてはシメたものです。


少し前まではほぼやってくれなかったう○ちのオムツ替えまで、今や頼んでもないのに自ら甲斐甲斐しく替えてくれてます!よし!



私が休みに入ってからの4連休は

鬼怒川温泉に行ったり

(不気味なスッピンは自粛。息子のファッションはお気になさらず。笑)


甥っ子君の初節句があったり

(40年位前のパパの兜をしっかり引き継ぎたくましい甥っ子!鯉のぼりのプレートを作って貰い息子君も大喜び♪)


やっぱり公園に行ったり

(1歳3ヶ月の息子君。このGWでようやくアンヨも様になってきました。)


自分が歩けるようになったもんだから8ヶ月の従兄弟を無理矢理立たせようとして

キレられる息子。




と、こんな感じでゆっくり過ごせた連休でした♡


お客様も思い思いの連休を過ごされたようで、お土産話に花が咲きとっても楽しませて頂いております^ ^♪ほっこり♡





当店ホームページはこちら↓
http://nailslien.info



今年は寒暖の急激の差で、予想よりだいぶ桜の開花が遅かったですね〜。

ようやく咲いたと思ったらあっという間に見納めって感じですね!


私は先日猜_堰瓩鉢爐らく山瓩帽圓辰討ました^ ^


こちら福岡堰の桜。

 

水辺なのでまた風情があってとっても綺麗♡



こちらはきらく山なんですが、芝とBBQ場や滑り台などのアスレチックも充実しているのでお子様連れのご家族でごった返してました!


はい!出ました!笑

ノンアルですがちゃんと忘れず持参です。笑

ちなみにこのヴェルタスブロイ。

ドイツのノンアルコールビールなのですが、ビールとして製造されてから独自の製法で後からアルコールだけを抜いているそうなので、泡とかめっちゃビールなんです。 

ちゃんとホップを使用してるので、喉越しも結構リアルです。

けどアルコール0.0パーセントとゆー優れ物!


気になった方。笑 カルディとかに売ってますよ♡



写してはないんですが、併設施設の中に幼児用のキッズスペースもありました。

ボールプールに入れてあげたら息子くんはしゃいで2とーっても楽しそうで^ ^


入浴設備や、だだっ広い座敷にカラオケなんかもあったので宴会や会合なんかもできる感じでした。


今まで子供が居なかった頃は来た事がなかったので住んでいても知らないものですねー>_<

ここ1年色々新鮮な体験をさせて貰えてます♡





当店ホームページはこちら↓
http://nailslien.info



愛犬の命日

このブログにも度々登場していた実家の愛犬コロン。実は先日、お別れして1年目の命日でした。

コロンがいなくなった直後は、しばらく全く受け入れられず、写っている写真も全く見ることが出来ませんでした(/ _ ; )
お散歩をしている同じ犬種のワンちゃんを見ては涙、眠れない日々、いない現実を受け止めたくない気持ちから実家にもしばし立ち寄れませんでした↓

が、1年経ち少しずつ向き合うことが出来始め「ワンちゃん元気?」などと気にかけて下さっていた愛犬家のお客様達が沢山いらっしゃいましたので、記させて頂くことにしました。



実は、息子が産まれた10日後。13歳と7ヶ月で急逝してしまったコロン。
産後7日目の退院した日に実家に寄ったのですが、もう少し息子が大きくなってから対面させようと思い、家に上がらずコロンに会うことなく帰ってしまったことを凄く後悔しています。

老犬でしたので、ある程度の覚悟はしていましたが、まだまだもう少し一緒に居られると思っていました。持病は沢山持っていたけど、食欲もあり何より元気でしたので...。
持病があるので頻繁に病院にもかかっていました。
腫瘍マーカーなどを含む健康診断、定期検診も欠かさず行っていました。

が、季節の変わり目に度々起こっていた癲癇の発作。直接的に命に関わることは無いと聞いていました。
発作で呼吸が苦しそうだったので、1日入院することになり、その前日に行った検査で肺ガンが見つかったとのことでした。
年齢的にも手術は行えなそうだけども、今後の治療を考える為にも専門の病院に予約を、と思っていた矢先に急変...本当に突然のお別れでした。


出産直後だったのもあり、家族が気を遣い私への報告を避けてくれていたので、私が聞いたのはもう亡くなった後でした。

亡骸と対面しても、亡くなっている感覚も全くなくフワフワした気持ちだったのを覚えています。


いつも実家へ帰れば定位置にいるのが当たり前。目が見えなくなっていたけど家族のことはしっかり認識してくれていて、いつも温かく迎えてくれていました。


コロンは生後5カ月の頃、縁ありウチにやってきてくれました。
犬なのにお留守番が嫌いで、この13年間預けたのは3〜4回(^^;
お出かけするのも旅行へ行くのも、姉の結婚式の時ですら(式ではリングボーイを務めました^ ^)どこへ行くのも一緒でした。
どの写真を見返してもほとんどに写っているのです。



それまで私は犬と暮らしたことがなく、ここまで感情豊かな動物だと言うことを全く知りませんでした。
あの子と出会うことが出来て、末っ子で育った私は愛でるや愛しむという感情を初めて知った気がします。


落ち込んでいる時は心配そうに隣にいてくれ、一緒にお出かけしている時は嬉しそうにスキップのような仕草をしていました。

臆病でなかなか色んな人に懐かなかったのに、私と姉の旦那さん達には比較的すぐ懐いてくれました。家族だとすぐに認識してくれたのかな?

沢山思い出があり過ぎて、今も衝動的にとっても会いたくなることがあります。

思い出すのが悲しくなくなるまで、もう少し時間はかかるかもしれませんが、私達家族に与えてくれたものは確かだし、沢山思い出を語って行きたいです。














うぅ...

1年経ってはいてもやっぱり写真見ると泣きそうです(^^;



寂しがりやだったので、きっと今も家族の近くでピッタリいてくれていると思います^ ^


家族になるのに血の繋がりなんて全く関係無いんですね。

本当に家族になってくれたのが奇跡であり感謝でしかありません。





なんだか暗い記事になってしまいすみません(/ _ ; )


ですが、これからもお客様のワンちゃんのお話など沢山沢山聞かせて下さい!

当初は他のワンちゃんのお話を聞くと、思い出して辛くなるのかな?と思っていましたが、本当に不思議なもので凄ーく癒されるんです^ ^!

あるあるなんか話していると、『うちもそうでしたー!』なんて、とーっても楽しくなっちゃって♡


きっと、蓋をするのではなく話すことで浄化されるのもとってもあるんだと思います。

なので、これからも沢山沢山ワンちゃんのお話是非聞かせて下さい^ ^♡



会ったこともない愛犬の為に、お花を下さったお客様、泣いて下さったお客様...沢山の思いやりを、本当に本当にありがとうございます。


ネイルとは関係ない長々とした記事ですが、読んで下さりどうもありがとうございました。